じりがたり!

ヒトリごと( ˘ω˘ )

年末ジャンボ宝くじが当たりそうな気がしてくる考え方

f:id:fucccho:20161210001319j:plain

前回計算してみたらどうにも当たる気がしなかった年末ジャンボ宝くじですが、どうしても7億当てて仕事やめたい!という人もいると思います。

 

かくいうカロさんも仕事やめて家でのんびり暮らしたい派なので、なんとか宝くじを当てる裏技を探し続けました。

 

そしてなんと…!!!裏技が〜?…ついにっ!!!………見つかりませんでした〜(T_T)(ゴチになります!)

 

とはいえ、色々調べてくうちに宝くじ買いたくなってきたので、裏ワザはないにしろ『当たりそうな気がしてくる考え方』を考えてみました。なお、買う宝くじは7億円(前後賞込みで10億円) のノーマル年末ジャンボ一択です!

 

と、考え方に入る前に少しおさらい

今回の年末ジャンボは1等が7億、その前後賞がそれぞれ1.5億で合わせると10億円。

 

・1等が当たる確率は2000万分の1

・宝くじは1〜200組の200通りの番号と100,000〜199,999の10万通りの番号で構成されている

 

・・・と、いうことは・・・?!

 

2000万分の1を分解すると当たりそうな気がしてくる

2000万分の1というのはかなり果てしない数字です。ただ、先ほどのおさらいのように構成要素ごとで考えてみると・・・

①組数と番号の確率をそれぞれ考える。

組数 1/200

番号 1/100,000

200分の1を当てて、10万分の1を当てる。なんだか少し当たりそうです。

 

さらに分解してみると・・・

②組数の桁ごと、番号の桁ごとの確率をそれぞれ考える。

組数の1桁目(0~9) 1/10

組数の2桁目(0~9) 1/10

組数の3桁目(0or1) 1/2

 

番号の1桁目(0~9) 1/10

番号の2桁目(0~9) 1/10

番号の3桁目(0~9) 1/10

番号の4桁目(0~9) 1/10

番号の5~6桁目(10~19) 1/10

10分の1を7回当てて、2分の1を当てる。なんだかさらに当たりそうな気がしてきた・・・ 

 

まぁどちらとも結局2000万分の1ではあるんですけども(;^_^A 

こんな話だけしてもしょうがないので、少し実践編を。

 

組数を必ず当てる方法

組数を当てると行っても1/200です。そうそう当たるものではありませんが、ここを通過できないと7億には到達できません。

そこで重要になってくるのが、特バラという買い方。

 

f:id:fucccho:20161211213230p:plain

大阪駅前第4ビル特設売り場HP参照

 

通常の買い方である「連番」「バラ」で買った場合

連番 ●●組 1●●001~1●●200

バラ ●●組 1●●●●1、▽▽組 1▽▽▽▽2、◆◆組 1◆◆◆◆3・・・

と「1つの組数しか買えない」or「複数の組数を買えるがランダム」となってしまいます。これでは、組数を当てられない。

 

しかし特バラという買い方をした場合

特バラ 001組 1●●●●1、002組 1▽▽▽▽2、、、200組 1◆◆200

と「1~200組の全ての組数を購入」することができます。

 

ということで特バラで購入すると必ず組数を当てることができます。

ただし、すべての組数を買うので最低でも200枚は買わないといけません(;^_^A(6万円)

 

注 特バラは大型店舗等でないと販売していないです。

 

宝くじは実質10枚組で10%OFF、100枚組で20%OFFで購入できる。

宝くじは10枚セットで買った場合、6等(300円)1本当たります。また、100枚セットで買った場合は6等が10本、5等(3000円)が1本必ず当たるので、合計6000円戻ってきます。

 

ということは、

10枚セット 購入金額3000円 最低当選金額300円  1枚当たり270円(10%OFF)

100枚セット 購入金額30000円 最低当選金額6000円 1枚当たり240円(20%OFF)

 

買うなら100枚どさっと買った方が宝くじ1枚当たりの単価は安くなります。

 

カロさんの買い方(暫定版)

と、いうことで今年の年末ジャンボは特バラ200枚で購入することにします。10万分の1の確率なら何度か経験したことがあるのです( ˘ω˘ )なんだか当たってしまいそうな気がする・・・。

このほかにいい買い方があれば教えてください(オカルトも可)