読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カロさんのログるんです

気になったことログります。特にダイエット、健康、お金のこと。

歯科衛生士に聞いた『正しい歯磨きの方法』

歯医者の話

前回、歯科衛生士のあさみちゃんに歯磨きのやり方を手取足取り教えてもらったので、備忘録的な意味で記事にします。

 

<目次>

 

歯は強く磨かなくていい

f:id:fucccho:20161012223816p:plain

ついつい、ゴシゴシ磨いた方がいいような気もしますが、ゴシゴシ磨きすぎると歯が欠ける原因になるようです。そこまで力を込めなくてもきれいに磨けるとのことでした。

上のおかっぱボーダー女子の 持ち方だと力が入ってしまうので、ペンを持つ持ち方で歯ブラシを持つとよいです。

 

歯ブラシは歯と歯茎の間を攻めよう

f:id:fucccho:20161012230453p:plain

歯ブラシは歯に対して垂直に当てるのではなく、少し斜めに傾けて当てると歯と歯茎の隙間の汚れがよ~く取れるようです。

心なしか、歯茎に当たって気持ちいいです。(変な意味ではなく) 

 

磨きにくいところこそ頑張って磨こう

奥歯や歯の裏は磨くのが難しくて適当になりがちです。逆に前歯は磨きやすいので、テレビ見ながらぼーっと歯磨きしていると前歯しか磨けていないなんてこともあります。

f:id:fucccho:20161012232353p:plain

かなり絵がキモイですが、奥歯を磨くとき歯ブラシを①まっすぐ入れるより、②横から入れた方が磨きやすいです。

 

歯ブラシは平たんなものでいい

ジグザグしている歯ブラシだと、歯と歯の間を磨きやすいイメージですが、実際は平たんな歯ブラシのほうが歯にしっかりと当たるらしく、磨き残しも少ないようです。

 

デンタルフロスは必須です

 クリニカ アドバンテージスポンジフロス 40m (青・緑・オレンジ・クリアのうち1色。色はおまかせ)

 

歯磨きに加えてかなり勧められたのがデンタルフロスです。勧められたというより必ず使ってね!くらいの勢いでした。

別に糸ようじでも大丈夫なようです。

 

デンタルフロスは歯ブラシだけではとれない歯と歯の間の汚れをとることができます。

カロさんはそこそこ歯にかぶせ物をしているので、デンタルフロスするときは毎回「かぶせ物とれちゃわないかな~」と不安です(;^_^A

 

まとめ

( ^)o(^ )< あさみちゃんかわいかったなぁ←

 

 

 

関連記事

死ぬかと思った…歯医者編その1『麻酔が痛い』 - カロさんのダイエット理論

死ぬかと思った…歯医者編その2『死ぬほど歯を削られる。』 - カロさんのダイエット理論

歯磨き指導はバチボコ恥ずかしい。 - カロさんのダイエット理論

 

にほんブログ村 ダイエットブログへにほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ